グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

パープルリボンウオーク&セミナー2016 in 津「膵がんの克服を目指して」を開催

2016年09月14日

9月11日(日)、三重大学講堂付近において、パープルリボンウオーク&セミナー2016 in 津「膵がんの克服を目指して」をボランティアスタッフ124人の企画・運営にて開催し、ウオークイベントに310人、セミナーには242人の参加がありました。

20160911_purpleribbon (5)

発見の難しさと進行が速いことから「最も難治性のがん」に挙げられている膵臓がん。5年生存率10%に満たない膵臓がんも、がん研究の進歩により、早期発見の機会や抗がん剤の種類も増え、今大きな変化の時期にきています。膵臓がん啓発イベントとして、今回5回目となるウオーク&セミナーが行われました。

パープルリボンウオークの開会式では、参加者が「KNOW IT」「FIGHT IT」「END IT」の3種類のリボンを掲げて、「知って」「闘って」「終わらせる」という決意を示しました。ウオーク開始のテープカットが行われた後、三重大学内構内や堤防道路をコースとして歩き、ゴール時にレーモンドホールで受け取ったカーネーションでパープルリボンをかたどりました。他にも、講堂内ではポスター展示やパープルパン、パープル煎餅の販売、職種別の相談、きゅうめい部によるBLS(AED・心肺蘇生)のブースが設けられました。

20160911_purpleribbon (8) 20160911_purpleribbon (1)

20160911_purpleribbon (4) 20160911_purpleribbon (3)

続いて、パープルリボンセミナーが行われ、診断、治療、緩和ケア、薬、食事、といったそれぞれの立場から講演がありました。また、膵臓がんの体験談も講演されました。最後に、パネルディスカッションが行われ、参加者からの質問に対して回答が行われました。

20160911_purpleribbon (6) 20160911_purpleribbon (7)

20160911_purpleribbon (9)

最新の記事