グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「三重大学オープンキャンパス2016」(1日目:医学部医学科)

2016年08月19日

8月8日(月)、三重大学医学部医学科のオープンキャンパスが行われました。

20160808_OC医学部医学科 (4)

講堂の大ホールにおいて、緒方正人医学系研究科長から「医師は、社会から必要とされ、人に感謝される仕事です。地域医療が必要とされているのは三重だけでなく東京でも同じ。医師としてのキャリアをしっかりつめるサポートをしたいと思っています」と挨拶があり、その後、伊藤正明附属病院長からの医学部附属病院の紹介、担当者から医学科入試や医学科での医学教育の紹介、三重県医師修学資金の紹介があった後、在校生からのエールが行われました。 

20160808_OC医学部医学科 boen  (9) 20160808_OC医学部医学科 boen  (17)

学科紹介等が終わった後は、それぞれに分かれて体験授業や学生による実習等の報告、チュートリアル模擬授業(TBL)、模擬実習が行われました。体験授業では「ゼブラフィッシュを用いた新薬開発」、「新しいがん治療"遺伝子組換えリンパ球療法"の臨床開発」と題した三重大学の最先端の研究を行う教員からの授業、医学科第6学年の学生から実際に海外で行った臨床実習についての報告、スキルズ・ラボや骨学実習などの模擬実習などが行われ、将来は産婦人科医を目指すという生徒からは「高校では体験できないことがオープンキャンパスで体験できて、楽しかった」との感想がありました。

20160808_OC医学部医学科 (14) 20160808_OC医学部医学科 boen  (87)

20160808_OC医学部医学科 (15)

20160808_OC医学部医学科 boen  (77) 20160808_OC医学部医学科 boen  (99)

最新の記事