グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

平成28年度生命の駅伝がん研究奨励賞授与式を挙行

2016年07月29日

7月27日(水)、医学部附属病院外来・診療棟5階の大ホールにおいて、平成28年度生命の駅伝がん研究奨励賞授与式を挙行しました。

走りながらがん研究の募金を呼び掛けるチャリティーイベント「第22回生命(いのち)の駅伝(EKIDEN for LIFE)」が6月8日(水)~19日(日)に県内を中心に行われました。今年度から、新たな制度「生命の駅伝がん研究奨励賞」を設け、選考委員会により採択された下記プロジェクトに研究の支援金として、チャリティーイベントで集められた募金が授与されました。

《受賞者と研究概要》
耳鼻咽喉・頭頸部外科 講師 石永 一
 「頭頸部癌患者における新規バイオマーカーの探索 血清マイクロRNAの検討」
消化管・小児外科 講師 問山 裕二
 「癌特異的エクソソーム包埋遺伝子情報を基にした大腸癌診断ならびに治療戦略の確立」
感染症制御医学・分子遺伝学分野 講師 河野 光雄
 「痛みのない経鼻噴霧型子宮頸癌予防ワクチンの開発」
腫瘍病理学講座 技術補佐員 臼杵 恵梨
 「癌関連線維芽細胞を標的としたPirfenidoneによる新規癌治療法の検討」
看護部 看護師長(がん看護専門看護師) 福永 稚子
 「苦痛のスクリーニングの導入と緩和ケア提供体制の構築~がん患者さんがその人らしく過ごせるために~」

たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。

20160727_平成28年度生命の駅伝がん研究奨励賞授与式 (25)

20160727_平成28年度生命の駅伝がん研究奨励賞授与式 (73)

最新の記事