「第19回環境コミュニケーション大賞"環境配慮促進法特定事業者賞"」を受賞!

2016年02月26日

三重大学が「第19回環境コミュニケーション大賞」を受賞し、2月24日(水)に品川プリンスホテルメインタワーにおいて表彰式が開催されました。

20160224_環境コミュニケーション大賞 (35)

「環境コミュニケーション大賞」は、環境省と一般社団法人 地球・人間環境フォーラムが主催するもので、優れた環境報告書等や環境活動レポート及びテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。表彰式には丸川珠代環境大臣も出席され、受賞者へ賞状の授与を行われました。

20160224_環境コミュニケーション大賞 (16) 20160224_環境コミュニケーション大賞 (18)

今回、三重大学は【環境報告書部門】において「環境配慮促進法特定事業者賞」を受賞。同賞はこれまでにも6度受賞しており、今回で7回目の受賞となります。本学への講評としては、「報告書のタイトルに『世界に誇れる「環境先進大学」』を掲げているとおり、教職員・学生全体で環境活動に取り組んでいる様子が目に浮かぶ報告書である。新学長の「環境に文化が根付く大学」のメッセージのもと、省エネ活動もハード面・ソフト面双方を駆使し、毎年着実に減少していることは評価できる。環境マネジメントシステムについては、しっかりとページを割いて紹介しており、環境先進大学を着実に進めるシステム構築のあり方が分かりやすい。」と高い評価をいただき、今回の受賞となりました。

表彰式には、加納 理事・副学長(情報・環境担当)のほか環境ISO学生委員会の学生・大学関係者が出席。全員で受賞を喜びました。

20160224_環境コミュニケーション大賞 (45)

20160225075508-0001

最新の記事