グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「第3回 みんなで農業の未来を考える会(略称:のみかい) 」を開催

2015年12月08日

第3回「みんなで農業の未来を考える会(略称:のみかい) 」が11月27日、津市の赤塚植物園内FFCホールにおいて開催されました。

20151127_第3回みんなで農業の未来を考える会 (43)_R

現在、津市高野尾地域では、赤塚植物園による"ふるさと高野尾への地域貢献と応援"のもと、「高野尾地区活性化推進協議会」を設置し、地域全体の活性化を目指す取り組みを進めています。

平成26年度からは三重大学と赤塚植物園における共同研究が始まり、その中で高野尾を中心とした三重県において、"土作りを最も大切に考えた、生命力の高い安心安全な農作物を作り"を提供することによる、「環境に配慮した持続可能な方法で他の産業とも遜色のない収入を得ることができる農業経営(フューチャー・ファーム・ビレッジ)」の実現を目指しています。

第3回となる今回は約60名が参加。これまでとは趣向をかえて、農業の現場と大学の研究者のギャップを埋めることを目的に、リラックスして自由にコミュニケーションがとれるよう、ワールドカフェ方式でのグループワークを行いました。(※ワールドカフェ・・・「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいた話し合いの手法。(参考)World Cafe.net: http://world-cafe.net/about/

20151127_第3回みんなで農業の未来を考える会 (28)_R 20151127_第3回みんなで農業の未来を考える会 (56)_R

参加者はそれぞれ7名程度のグループに分かれ、「高野尾地域の強みと弱み」について、そして「弱みを克服?強みを伸ばす?どう活性化につなげるか」について話し合いを行いました。その中では、土壌問題や鳥獣害、後継者問題などをはじめ、高野尾地域の農業活性化のため多くの話題について意見が交わされていました。

会場はとても和やかな雰囲気でしたが、現場の意見や研究者の意見、そして学生の意見が入り混じり、とても活発な議論がなされました。

20151127_第3回みんなで農業の未来を考える会 (86)_R 20151127_第3回みんなで農業の未来を考える会 (60)_R

次回、第4回の開催は来年2月を予定しています。今回の意見の中から、例えば「後継者の育成について」などのテーマを選び、引き続き意見交換を進めていきます。

最新の記事