グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

JSTさくらサイエンスプランでベトナムの大学から学生を招きました

2015年07月02日

6月29日(月)~7月7日(火)の間、JST日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)として、本学と学術・学生交流協定を締結しているベトナムのホーチミン市師範大学で高校理科教員を目指している学生10人の学部生・大学院生、2人の引率教員をお招きし、高校教員になってから探究型授業を進めることができるように、三重大学における理科教育の実験・授業の参加、県立高校での理科授業視察、および大阪や名古屋の科学館での体験活動の実施などからなる研修を行っています。

6月30日(火)には、事務局2階の会議室において学長表敬訪問が行われ、訪れた学生たちは緊張した面持ちにも、駒田学長の軽快なトークに次第に笑顔を見せ、和やかな雰囲気となりました。駒田学長は一人ひとりの学生に専攻する分野や将来の夢などを尋ね、「滞在中は多くの三重大学の学生と交流を持ち、色々な体験をしてください」と激励の言葉を贈りました。

20150630_【さくらサイエンス】ホーチミン師範大学生の学長表敬訪問 (46)

20150630_【さくらサイエンス】ホーチミン師範大学生の学長表敬訪問 (17)

また、午後には国際交流センターを訪問し、堀 浩樹副学長(国際交流担当)らと交流を深めました。ホーチミン市師範大学の教員からは今後の連携に関する具体的な提案があり、実り多い会談となりました。

20150630_【さくらサイエンス】ホーチミン師範大学生堀先生と (2)

最新の記事