グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

工学研究科の小塩明 助教がカーボンナノチューブ開発メンバーとして欧州発明家賞を受賞しました!

2015年06月12日

欧州特許庁が主催する、欧州発明家賞の非ヨーロッパ諸国部門において、「カーボンナノチューブ」開発メンバーの小塩明 助教(三重大学工学研究科)、開発者のNEC特別主席研究員・名城大学終身教授の飯島澄男氏および、産業技術総合研究所の湯田坂雅子氏が2015年度欧州発明家賞を受賞しました。

kosio1.JPG小塩助教

2006 年に設立された欧州発明家賞は、技術的、社会的、経済発展に貢献した優れた発明に対して付与するもので、産業部門、研究部門、中小企業部門、非ヨーロッパ諸国部門と功労賞の5 つの部門と、一般からの投票で決まる「Popular Prize(ポピュラープライズ)」で構成され、毎年5 つの部門から各3 名(チーム)、合計15 名(チーム)がノミネートされていました。

日本人の欧州発明家賞受賞は、「非ヨーロッパ諸国部門」では"史上初"の受賞となります。
小塩先生、おめでとうございます!

kosio2.jpg写真左より、小塩助教、飯島氏、湯田坂氏

最新の記事