グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「忍者・忍術学講座 in 文部科学省」を開催しました

2015年06月04日

5月22日(にんにん)金曜日、文部科学省情報ひろばラウンジにて「忍者・忍術学講座 in 文部科学省」を開催しました。

7821.JPG

本講座は、文部科学省情報ひろば企画展示「忍者を科学する!」(7月20日まで公開中、詳しくはこちら)の公開にあたり、忍者研究のより詳しい紹介を本学教員が行いました。

・山田雄司 教授(人文学部)「忍者の実像」

7761.JPG

忍者とはどのような存在だったのか、史料の解読を行い、歴史上の忍者の実態とその起源を探ります。

・久松 眞 名誉教授(伊賀研究拠点副所長)「学術的知見から忍者食を解読-忍びの携帯食に想いを馳せて-」

7783.JPG

忍者の携帯食「兵糧丸」を忍術書に従って再現し、任務中の忍者が兵糧丸を食べることでどのような効能が期待されるかを科学的に分析しました。さらに久松先生が作成した兵糧丸の試食も行われ、好評を博しました。

7802.JPG IMG7807R.JPG

・川上仁一 特任教授(社会連携研究センター)「忍者修行入門」

7837.JPG

甲賀伴党21代宗師家である自身の体験をまじえ、忍者修行の内容や心がまえ、伝承されてきた忍術について説明がありました。また、大きな音を立てずに、暗い場所でも転ばない歩き方「抜き足、刺し足」の実演がありました。

7834.JPG

当日はたくさんの方に参加していただきました。
ご参加いただきありがとうございました!

最新の記事