グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重県・三重大学 みえ防災・減災センター 「中部ライフガードTEC2015~防災・減災・危機管理展~」に出展しました

2015年05月25日

5月21日(木)、22日(金)にポートメッセなごや2号館(名古屋市国際展示場)において、「中部ライフガードTEC2015~防災・減災・危機管理展~」が開催されました。

中部ライフガードTEC2015は、社会全般の防災力向上に寄与する地震対策・ITシステム・労働安全衛生に係る製品・技術・サービスなどを展示紹介するもので、今年で3回目を迎え、東海地方を中心に全国から145の企業・団体がブースを出展しました。

みえ防災・減災センターからも出展し、三重県内における防災・減災に関する様々なコンテンツを集めた「みえ防災・減災アーカイブ」を来場者の方々に体験していただくとともに、昭和東南海地震を体験された方々の証言映像の放映やセンターの様々な取組みを紹介したパネル展示等を行いました。

2日間を通し全体で16,864人(主催者発表)の来場者があり、本センターのブースには425名の方にお越しいただきました。本センターの職員からアーカイブやセンターにおける取組み内容について紹介されると、来場者の方は熱心に聞き入っていました。本センターの活動について理解いただく大変貴重な機会となりました。

bosai.JPGブース出展会場の様子

最新の記事