グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

平成27年度ダブルディグリープログラム開講式を挙行しました

2015年05月01日

4月21日(火)、生物資源学部にて平成27年度ダブルディグリープログラム開講式を挙行しました。

20150421_double_D.JPG

ダブルディグリープログラム(複数学位取得制度)とは、三重大学と海外の大学が学位授与に関する協定を結び、両大学の学生が双方の大学に在籍し、必要な単位を取得することにより両大学の学位を取得する制度です。この度はパジャジャラン大学(インドネシア)の4名の留学生がプログラム生となり、それぞれ資源循環学、共生環境学、生物圏生命科学を専攻します。

20150421_ダブルディグリープログラム開講式 (1)_R.JPG

生物資源学研究科長の梅川逸人教授より「生物資源学部は山の頂から海の底まで、幅広い研究を長年続けてきました。豊かな環境の中で、これから頑張りましょう」と激励の言葉があり、開講式は和やかに終了しました。

留学生の皆さん、三重大学でしかできないことを沢山経験してくださいね!

最新の記事