グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

留学プランニングワークショップを開催しました

2015年01月22日

1月10日(土)、海外留学に関心のある学生を対象とした「留学プランニングワークショップ」が国際交流センターおよび学生総合支援センター共催により行われました。本ワークショップは、三重大学・名古屋大学・愛知教育大学の三大学連携事業の一環として、三重大学生向けとしては初めての試みとして企画されました。講師には、名古屋大学国際教育交流センターの星野晶成先生をお招きし、全5学部・研究科の1年生から博士課程の学生まで、留学に関心をもつ12名の学生が参加しました。
 

ワークショップでは、冒頭、世界の留学生受入の動向や、日本政府の留学生政策、企業の海外留学経験者の採用状況等の動向などについて、星野先生からの説明を受けた後、各自の人生を振り返りながら「人生表」を作成し、各自の発見を共有するグループワークを行いました。TOEFLとI-ELTSの違いや、三重大の短期・長期留学制度の情報など有用な情報も多く、内容の濃い3時間のワークショップとなりました。

参加した学生からは、「自分の人生を見つめなおし、海外へ行きたい理由が明確になった」、「時系列で過去からさかのぼり、海外に行く理由を考えられたのがすごくよい経験になった」「留学そのものを目的とするのではなく、将来のキャリアに目を向け、どう留学が活かせるかを考えたいと思った」などの感想が寄せられました。

20150110_留学プランニングワークショップ (1) 20150110_留学プランニングワークショップ (2)
     名古屋大学の星野講師           各自の「人生表」について意見交換する参加学生

最新の記事