グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

学校法人藤田学園藤田保健衛生大学と災害時における病院間の相互協力・支援に関する協定を締結しました

2014年12月05日

12月3日(水)、三翠会館1階ホールにおいて標記協定締結式を行い、内田淳正学長と星長清隆藤田保健衛生大学長が協定書に署名しました。

 この協定は、地震・津波・台風等による災害及び不慮の事故等により、管理する病院が被災して独自では十分な医療行為が行えず、病院機能の維持管理が困難となった場合に、協定病院から被災病院に対して医療機器、医療設備・施設(病床・手術室等)の協力と支援、医師、看護師、医療スタッフ等の人員の派遣等を行うことを目的としています。

今後は、災害時に備えて定期的な連絡会議の開催や、協働で防災訓練を行います。

藤田保健衛生大学 星長清隆学長(左)と内田淳正学長

12月8日には、三重大学で行う防災訓練で、三重大学災害拠点病院機能移転について、協働で図上訓練を行います。

最新の記事