グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「三重大学オープンキャンパス2014」(第1日目:医学部看護学科)

2014年08月12日

三重大学オープンキャンパス2014が、8月7日(木)、8日(金)の2日間にわたって開催されました。

第1日目となる7日は、全学企画、教育学部、医学部医学科・看護学科、工学部の紹介などが行われました。

医学部看護学科では、午前中に医学科校舎の臨床第3講義室において、学科紹介などが行われました。

20140807_OCkango

冒頭に、緒方正人医学系研究科長から「医学部は、専攻した時点である程度の将来の道が決まる。自分が本当にやりたいことが何かよく考えて決めてほし い。看護師は、人からこれほど感謝されることのないやりがいのある仕事で、専門性が求められる職。附属病院が隣接しているなど、三重大学は教育環境が整っている」と、高校生たちに向けたメッセージがありました。

続いて、辻川真弓看護学科長から「三重大学は5学部が1つのキャンパスに集まっていて、キャンパスに学生が絶えない居心地のいい大学」と挨拶があり、次に、カリキュラムの説明や人文学部の学生たちによる大学生活の紹介などがありました。その後、看護学科校舎3階の第2講義室において、なんでも相談 コーナーが設けられ、多くの高校生や保護者が足を運びました。

20140807_OCkango  (1) 20140807_OCkango  (2)
挨拶をする緒方医学系研究科長㊧と辻川看護学科長

20140807_OCkango  (3)
なんでも相談コーナー

午後には、看護学科校舎において、体験実習と学生企画が行われました。

20140807_OCkango  (4) 20140807_OCkango  (6)
清拭や足の沐浴の説明がありました              聴診器で…どんな音が確認できましたか?

20140807_OCkango  (8) 20140807_OCkango  (9)
妊娠と胎児の様子や新生児の扱いについて学びました

20140807_OCkango  (11) 20140807_OCkango  (10)
高齢者疑似体験では視界の狭さにびっくりしたようです          看護学生と実際に話しをする企画もありました


三重大学の魅力が少しでも皆さんに伝わっていれば嬉しい限りです!

最新の記事