グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「七夕ECOOLフェスティバル In Mie」を実施しました

2014年07月10日

7月7日(月)、環境・情報科学館1階ホールで環境ISO学生委員会主催の「七夕ECOOLフェスティバル In Mie ~星に願いを!地球(ほし)に優しさを!~」を実施しました。

 

環境省では、2003年より地球温暖化防止のため、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しており、また、7月7日を「クールアースデー」として設定し、全国の施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼びかけています。

「世界一の環境先進大学」を目指す三重大学においても、地球温暖化防止活動の一環として、全学一斉にライトオフを実施しており、今年は第4回目の催しとなりました。

お昼の部では、うちわとアロマキャンドル作りを行い、多くの学生や教職員に環境に関する願いを短冊に書いてもらい笹飾りに飾りました。
夜の部は、CO₂ 30%削減となる亀山ローソクに点火した後、萩原伸育実行委員長の挨拶、朴恵淑理事・副学長からクールアースに関する言葉の後、アカペラサークル(Pioneer)及びジャグリングサークル(ジャグリアーノ!)の公演がありました。

学生、教職員及び地元小学生や父母方々の約200名の参加があり、節電や環境について考える貴重な機会となりました。 

 

最新の記事