グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

第2回三重大サイエンスカフェを開催しました

2013年12月19日

12月12日(木)15時から、津駅前の伊勢門本店【EBIIRO】において第2回三重大サイエンスカフェを開催しました。サイエンスカフェでは、三重大学で話題の研究を進める先生の話を、お茶を飲みながらリラックスした雰囲気の中で、わかりやすく市民の皆さまにご紹介しています。
今回は、「YUBAメソッドでどんな人もいい声になる!歌がうまくなる!」をテーマに教育学部の弓場徹教授が研究内容を紹介しました。

20131212_第2回三重大サイエンスカフェ (19).JPGのサムネール画像
弓場徹教授

弓場教授は、発声の研究は解剖学、耳鼻咽喉科学、応用工学などさまざまな分野と連携して研究していること、歌声を鍛えると話し声もよくなり、創作したプログラムでは認知症改善にも効果があることなどを、時にオヤジギャグなどユーモアを交えながら語りました。
参加した約50人の皆さんは、すっかり弓場ワールドに引き込まれ、笑ったり頷いたり。
後半は、YUBAメソッドの実践です。会場総立ちで、※「YUBAメソッド〈のど鳴らし〉」弓場教授の示すモデル発声の後の”はい”に続いて裏声と表声をリズムにのって繰り返し発声([はい2]システム)し、最後にはこのシステムで「花は咲く」を全員で大合唱しました。(喉のために歌前3分間ウォーミングアップ)

20131212_第2回三重大サイエンスカフェ (92).JPG   20131212_第2回三重大サイエンスカフェ (95).JPG

参加した方は「とても楽しかった。」と満足されたようすでした。

次回は、来年3月5日(水)15時から、「最新のロボット技術で楽しみながらリハビリを」をテーマに工学研究科の矢野賢一教授のお話を予定しています。詳しくは、三重大学のホームページでお知らせします。お楽しみに。

最新の記事