グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

生協ぱせおにおいて鹿カレーの試食が行われました

2013年12月06日

近年、全国で鳥獣による被害が深刻になっており三重県でも農林水産物への被害が増 加しさらに人里へに鳥獣が出現することによるさまざまな被害や事故が起きています。

県の獣害対策に三重大学、県下企業、大学生協が協力する、シカ肉を利活用した商品「三重大学鹿カレー」(仮称)の開発をすすめています。

現在、「三重大学鹿カレー」は、三重大ブランドづくり学生委員会が中心になって開発を担当しています。

「チェンミ・コーヒー」に続く、製品化に期待がされます。今回の試食は3種類おこないました。今後、参加者からの意見などにより、レシピを決めていきます。 同学生委員会による、パッケージデザインの検討が行われました。 学生から多くのデザイン案が提案され、活発に検討されました。学生の教育実践の場としても期待がされます。

最新の記事