グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

~第7回三重大学国際交流週間2013~大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館領事による講演会及び映画上映会が行われました

2013年12月12日

三重大学では、2013年12月11日(水)から12月21日(土)の間、「第7回三重大学国際交流週間2013」が開催されています。
このイベントは、広く開かれた国際交流の場を目指す三重大学にとって、今年度の国際交流事業の集大成となるイベントであり、期間中は、学生、教職員、地域の方々に参加していただける様々なイベントを実施しています。

12月12日(木)は、環境・情報科学館1階ホールにおいて、標記講演会および映画上映会が行われました。

大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館のフローリアン・イェーガー領事より「ドイツのエネルギーシフト」と題してドイツのエネルギーシステムがどのように推移していったのか説明がありました。

20131212_ドイツ総領事館領事による講演会・映画上映 (14)

その後、映画「シェーナウの想い」が上映され、参加した約150人はチェルノブイリ原発事故をきっかけに自然エネルギーの供給に力をいれるシェーナウ市の取り組みを真剣な面持ちで見入っていました。上映後には質疑応答も行われました。

20131212_ドイツ総領事館領事による講演会・映画上映 (19)

 

「第7回三重大学国際交流週間2013」は、12月21日(土)まで様々なイベントが行われます。
詳しくは、以下のURLをご覧ください。
http://www.cie.mie-u.ac.jp/new/2013-4.html

最新の記事