グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重大学で平成25年度日本水産学会秋季大会が開催されています

2013年09月20日

9月19日(木)から9月22日(日)の間、三重大学を会場として、平成25年度日本水産学会秋季大会が開催されています。

この大会では、水産学やその関連分野に関する最新の研究成果424題が発表されます。
また、関連行事である講演会、シンポジウム、ミニシンポジウム、研究会は全て公開され、一般の方も無料でご参加いただけます。

9月19日(木)は、「真珠研究の最前線-真珠養殖技術の革新を目指して-」をテーマとしたシンポジウムと「内湾漁業の実状とこれから」、「カワハギ類養殖の現状と展望」と題した講演会2件が行われました。

20130919_sinpojiumu.JPG
シンポジウムの様子(今後の真珠養殖の課題について議論しました)

20130919_kouenkai.JPG
講演会「内湾漁業の実状とこれから」の様子(内湾漁業の実情と現状の取り組みなどの情報を共有しました)


9月22日(日)には、シンポジウム1件、ミニシンポジウム3件、研究会1件が開催され、最新の研究や東日本大震災からの水産分野での復旧復興に関する話題が提供される予定です。

最新の記事