グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

伊賀連携フィールド「第5回忍者・忍術学講座」を開催しました

2013年08月22日

8月17日(土)、ハイトピア伊賀において、人文学部准教授吉丸雄哉先生による「忍術と妖術」と題した講演を開催しました。

江戸時代の仮名草子や歌舞伎に見られる「忍術」を使う「忍者」のイメージは、妖術使いの物語をもとに形成され、それが現在に到るまで大きな影響を与えているというお話でした。忍者研究においてもこのあたりの研究はほとんどされていないので、みなさん大変興味深く聴かれていました。

 
写真:人文学部吉丸准教授による講演の様子

 

最新の記事