グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

松阪高校の皆さんが「1日三重大生プログラム」で本学を訪れました

2013年08月23日

8月21日(水)、松阪高校(三重県松阪市)から、約90名の生徒・教員の皆さんが、本学を訪れました。

今回の来学は、体験授業を受けたり、三重大学キャンパス内を見学したり、大学の雰囲気を味わいながら自らの進路を考えてもらうことを目的に、松阪高校の総合学習の一環として行われました。

冒頭に、教育学部松本金矢教授から挨拶があり、「大学での学びは能動的な学び。与えられた環境で成果を出すことのできる能力を身につけて欲しい。」との言葉に、真剣な眼差しで高校生の皆さんは耳を傾けていました。

入試広報部門長の飯田和生教授からも三重大学の詳しい紹介等が行われ、そのあと各学部毎に体験授業が開講されました。
高校生の皆さんにとっては、今後の進路を考える貴重な1日となったと思われます。

総合研究棟Ⅱ・メディアホールにおいて

最新の記事