グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

工学部で平成25年度三重大学高大連携サマーセミナー「簡易ロボットの仕組みと動かし方」が行われました

2013年07月29日

7月24日~26日、工学部大会議室において、標記セミナーが行われました。

平成25年度三重大学高大連携サマーセミナーは、7月23日(火)~8月13日(火)の期間中に各学部で開催され、県内の高校生に本学の研究や教育に対する理解を高めてもらうことを目的に実施されています。

今回のテーマは「簡易ロボットの仕組みと動かし方」で、工学部物理工学科によって主催されました。このセミナーには県内の6高校より15名が参加し、初日は物理工学科によるレゴロボット競技会の見学を行い、二日目・三日目は野呂雄一准教授のアドバイスのもとでレゴを利用した簡易ロボットの組み立てとプログラミングを行いました。

20130726_高大連携セミナー@工学 (66)_R.JPG 20130726_高大連携セミナー@工学 (32)_R.JPG

学生たちはロボットが正常に動作するよう試行錯誤しながら、和気あいあいと作業に取り組んでいました。
セミナーの最後には、成果発表として製作したレゴロボットを用いた競技会が行われ、白熱した戦いが行われました。

参加した学生からは、「ロボットが完成したときはとても嬉しかった」、「本格的なものづくりの実習が楽しかった」などの感想が寄せられ、大成功のサマーセミナーとなりました。

20130726_高大連携セミナー@工学 (79)_R.JPG 20130726_高大連携セミナー@工学 (87)_R.JPG

最新の記事