グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

三重大学地域拠点サテライト連携事業・伊勢志摩サテライト2019 年度「海女学講座Ⅱ」開催のお知らせ

2019年08月07日

【イベント情報】
三重大学地域拠点サテライト連携事業・伊勢志摩サテライト2019 年度「海女学講座Ⅱ」

国の重要無形民俗文化財の指定を受け、日本農業遺産に続いて日本遺産にも認定された鳥羽・志摩の海女。
その魅力はどこにあるのでしょうか。文化財、漁村の景観、観光、祭礼、水産などグローバルな観点を含め様々な角度から分かりやすく海女の魅力をお伝えします。

会 場 : 鳥羽市立海の博物館 映像ホール 

参 加:入場無料(当日参加歓迎)

日 程 : 各日 日曜日 13:30~15:00 


①10/20(日) 平賀 大蔵 (海の博物館館長)
海の博物館の海女文化資料と環境保護運動

②11/10(日) 吉村 真衣 (三重大学海女研究センター助教)
文化遺産・観光と海女文化

③12/8(日) 吉松 隆夫 (三重大学副学長・生物資源学研究科教授)
世界も注目する里海とそこで暮らす海女

④12/15(日) 浅野 聡 (三重大学工学研究科准教授)、大井 隆弘 (三重大学工学研究科助教)
海女集落の景観特性

⑤1/12(日) 﨑川 由美子 (前志摩市歴史民俗資料館館長)
海女漁村の祭礼 -海女アーカイブ事業中間報告を兼ねて

⑥1/26(日) 塚本 明 (三重大学人文学部教授)
食文化の歴史から見る海女漁


【お問い合わせ】

鳥羽市立海の博物館 Tel. 0599-32-6006
三重大学人文学部 総務担当 Tel. 059-231-6991

 

詳しくはチラシをご覧ください。

海女講座2019(送付用)_pages-to-jpg-0001

最新の記事

開催(予定)日