「DONET研究会シンポジウム」開催のご案内

2017年1月26日

【イベント情報】
DONET研究会シンポジウム

日 時:平成29年2月15日(水) 14:00~15:45
場 所:三重大学地域イノベーション研究開発拠点C棟3階 地域イノベーションホール
定 員:110名
参加申し込み〆切:平成29年2月7日(火)17:00まで

南海トラフ地震の発生メカニズムの研究や地震・津波等の発生状況を調査するため、国では、南海トラフ地震の震源域の海底に強震計や水圧計などの観測装置を設置して、その状況を常時監視するための「DONET(地震・津波観測監視システム)」運用しています。
また、県では、DONETの観測情報を活用して津波の発生を検知し、それを住民に緊急速報メールで伝達するとともに、県災害対策本部内のモニターで津波の到達時刻や最大波高、浸水域等を予測して表示する「DONETを活用した津波予測・伝達システム」の運用を、一部地域で開始しています。
三重県・三重大学 みえ防災・減災センターでは、「DONET研究会」を設置して「DONETを活用した津波予測・伝達システム」の津波防災対策への研究を行っており、本シンポジウムにおいて、こうした先端技術を活用した南海トラフ地震の津波対策の現状を紹介するとともに、その後のパネルディスカッションでは、これらシステムを活用したこれからの三重県における津波対策の展望などについて討議を行いますので、ぜひ、ご参加ください。

詳しくはチラシをご覧ください。

連絡・お問い合わせ先
三重県・三重大学 みえ防災・減災センター事務局(山口 弘之)
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学 地域イノベーション研究開発拠点 A棟3階
電話:059-231-5486  FAX:059-231-9954
e-mail:bosai@crc.mie-u.ac.jp

20170215_DONETsimpo

最新の記事

開催(予定)日