グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

地域研究フォーラム in 名張開催のお知らせ

2012年01月12日

1月28日(土)、名張市市役所1階会議室にて「地域研究フォーラム in 名張: 三重大学大学院人文社会科学研究科「三重の文化と社会」研究成果報告会」を開催いたします。地域連携、地域貢献を特色とする本研究科では、「三重の文化と社会」という授業科目を開講しています。毎年、三重県下の市町村から一つを研究対象地域を研究対象として選び、本科目を受講した大学院生が、自ら対象地域に関する研究テーマを設定し、調査・研究を行っています。本年度は名張市を研究対象地域とし、名張市市役所を始めとして市内の関係諸団体、市民の皆様にご協力いただきながら、研究成果を纏めることができました。
本フォーラムでは、大学院生による研究成果報告と本研究科所属の2名の教員による基調講演が行われます。入場無料、どなたでも参加できます。

日時: 2012年1月28日(土曜日) 13:00~17:00

場所: 名張市市役所1階会議室

主催: 三重大学大学院人文社会科学研究科

後援: 名張市,名張市教育委員会,名張市商工会議所

~プログラム~

13:00 開会の辞

研究科長  樹神成

市長挨拶  名張市長 亀井利克

13:15 第一部 名張市の経済と社会 (第一部司会:科目担当教員 森久綱)

・基調講演 (三重大学大学院教授:豊福裕二)

「グローバル化と地方都市:『地産地消』の可能性」

・大学院生報告

コメンテーター 名張市役所産業部

15:15 第二部 名張市の歴史と文化 (第二部司会:科目担当教員 綾野誠紀)

・基調講演 (三重大学大学院教授:山中章)

「伊賀と東海道:28行の断簡からみえる古代の情報伝達」

・大学院生報告

コメンテーター 名張市教育委員会

16:45 閉会の辞

詳しくはこちらをご覧下さい
http://www.mie-u.ac.jp/topics/events/files/foruminnawbari-2.pdf

最新の記事

開催(予定)日