グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

「海からの恵み -伝えたい!三重の食文化-」(勢水丸教育共同利用拠点強化事業シンポジウム)開催のお知らせ

2011年12月08日

平成22年6月から三重大学練習船「勢水丸」は「黒潮流域における生物資源と環境・食文化教育のための共同利用拠点」として、全国の大学の学生の実習に供されることになりました。本拠点の特筆すべき点は、食文化を体験する実習を通して、資源・環境・文化について考える機会を提供するところにあります。
そこで今回のシンポジウムでは、学生を対象に、食文化とは何か、三重の海の食文化の特色、多様性、食文化を守ることの重要性などについて、加工業者、サービス業者、消費者、実習関係者(練習船)の立場から幅広いお話をいただき、三重県の魚食文化の今を理解し、将来について考える契機としたいと思います。

日時:平成24年1月19日(木)
場所:三重大学講堂三翠ホール(小ホール)


詳しくは下記をご覧ください。
http://www.mie-u.ac.jp/topics/events/files/4e626a1eb09f4093093a66e91724ae46.pdf

平成22年月から三重大学練習船「勢水丸」は「黒潮流域における生物資源と環境・食文化教育のための共同利用拠点」として、全国の大学の学生の実習に供されることになりました。本拠点の特筆すべき点は、食文化を体験する実習を通して、資源・環境・文化について考える機会を提供するところにあります。

そこで今回のシンポジウムでは、学生を対象に、食文化とは何か、三重の海の食文化の特色、多様性、食文化を守ることの重要性などについて、加工業者サービス業者、消費者、実習関係者(練習船)の立場から幅広いお話をいただき、三重県の魚食文化の今を理解し、将来について考える契機としたいと思います。

最新の記事

開催(予定)日