特別研究員(DC・PD・RPD)の募集について
平成30年 3月 1日
 平成31年度採用分日本学術振興会特別研究員等の公募が開始されました。
 募集要項をご確認いただき、応募手続きを行ってください。
 特別研究員の申請手続き,公募要領及び必要書類の入手など詳細については、当ページをご利用ください。
 尚、応募の際は、本学における申請締切にご注意願います。
  
 特別研究員について
DC1  大学院博士課程在学者
(採用期間3年、 研究奨励金 月額200,000円(予定額))   
DC2 大学院博士課程在学者 
  (採用期間2年、研究奨励金 月額200,000円(予定額))
PD:  大学院博士課程修了者等
  ※但し、平成31年4月1日時点で博士号取得後5年未満の者
  (採用期間3年、研究奨励金 月額362,000円(予定額)
SPD PDに申請し合格した者の中から特に優れた者をSPDとして採用
   (採用期間3年、研究奨励金 月額446,000円(予定額)) 
RPD 出産・育児による研究中断者の復帰支援 
  PD及び海外特別研究員との併願も可。
  (採用期間3年、研究奨励金 月額 362,000円(予定額)
   [但し、博士の学位を取得していない者は、月額200,000円(予定額)])
 
 変更点等
◎審査方針の文言の一部改正について【全種目】
特別研究員の審査方針について、審査員の検証を行っている学振学術システム研究センターより、現状の審査方針の文言では、論文数の多寡のみをもって評点を付すように、審査員に誤解される懸念があるとの意見がありました。
上記の意見を受けて、特別研究員ワーキンググループにて議論の上、誤解を避けるために一部文言の改正が行われました。
審査の方法の詳細については「選考方法」を参照してください。
「選考方法」のURL:https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_houhou.html
◎申請書様式の変更について【全種目】
審査方針の文言の一部改正に合わせて、各資格の申請書様式についても項目名が修正されました。
平成31年度(2019年度)採用分特別研究員の各資格への申請の際は、必ず新しい申請内容ファイルを学振HPよりダウンロードして作成してください。旧様式を使用して申請された場合、様式の改変にあたりますので十分にご留意ください。
◎選考日程の一部改正について【全種目】
昨年度までは、面接を免除して採用となる方についても、採用内定予定を経て12月下旬頃に採用内定としておりましたが、採用経験者の方々より、採用内定となるまでの間に採用見込み証明書の発行ができないことで、保育園の申し込み等に不都合が生じているとの意見がありました。
上記の意見を受け、今年度より面接を免除して採用となる方については10月の結果開示の時点で採用内定とし、結果開示時点から採用見込み証明書の発行を受け付けるようになりました。
◎各種制限の緩和について【全種目】
特別研究員については、これまで研究専念義務のもと、報酬受給の制限、海外渡航機関上限の制限および、インターンシップ参加の制限がありましたが、特別研究員採用者からの要望等を踏まえ、平成30年4月1日付けで、上記制限が一部緩和されます。
なお、研究専念義務を緩和するものではありませんので、特別研究員の研究課題の研究遂行に支障が出ているのではないか、という疑念を持たれないよう注意してください。
緩和内容の総裁については以下の通知をご参照ください。
http://www.jsps.go.jp/j-pd/data/j-keiji/h29/20180119_2.pdf

 申請手続き等について
 
こちらのページをご覧下さい。特別研究員の申請手続きについて
・平成25年度以降に本学からID・パスワードを発行された者が、今回も三重大学から申請する場合は、
 発行済のID,パスワードを使用することが可能です。
・特別研究員PDの申請は受入研究機関にお問い合わせください。受入研究機関につきましては、大学院博士 課程在学当時(修士課程として取り扱われる大学院博士前期は含まない)の所属大学等研究機関(「出身研 究機関」)以外の研究機関を選定すること(「研究機関移動」)。
・選考結果の開示は電子申請システム上のみで、文書による通知はありませんのでご注意ください。
 なお、開示の通知は学振のホームページ上で行われます。
【提出期限】 DC・PD・SPD RPD
「特別研究員申請者登録申込書」の提出締切 4月25日(水) 4月9日(月)
申請書類の事前確認提出締切 5月14日(月) 4月18日(水)
 


お問い合わせ先
学術情報部 研究推進チーム
担当(磯山,西島,柵木) 
E-mail kakenhi@ab.mie-u.ac.jp
内線 9782