グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

授業料免除

◆高等教育の修学支援制度の申請について(令和2年度新入生対象)

 入学手続きの際に,入学料を納付せず,「大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書」を提出してください。

 詳しくは,「入学手続要項」の「高等教育の修学支援制度(給付型奨学金と入学料・授業料免除)」をご覧ください。

 制度の概要については,文部科学省ホームページをご覧ください。

◆高等教育の修学支援制度在学予約採用・令和2年度【授業料減免】の申請について(受付期間終了)

 令和元年11月~12月に来年度分の給付奨学金を申請した方は,必ずこの申請をしてください。11月~12月に申請をしていない方は,今回の申請は対象外となります(4月に再度申請の機会がありますので,改めてご案内いたします)。

◆従来の授業料免除制度(令和2年度分・大学院生対象)          

制度の概要(従来の授業料免除制度)

※学部生の授業料免除制度は,令和2年度から「高等教育の修学支援制度」に切り替わります。

三重大学では、下記の「免除対象者」に該当する場合、本人の申請に基づき、選考の上、授業料の〈全額〉又は〈半額〉が免除されます。授業料免除希望者は、必ず所定の期限までに《学務部 学生支援チーム 1番窓口》に、申請に必要な書類等を整えて申請してください。また、授業料免除の予算には、上限がありますので「免除対象有資格者」全員が必ずしも免除されるとは限りません。

なお、三重大学では半額免除から優先して許可しています。

1.免除対象者について

審査基準(成績及び家計困窮度)に基づき、次に該当する者を「授業料免除申請対象者」とします。

  • 経済的理由による場合
    経済的理由によって授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者。

  • 特別な事情による場合
    授業料の納期前の6ヶ月以内に、
    1. 学資負担者が死亡した場合。
    2. 学生又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合。

2.説明会・申請手続き等の掲示について

授業料免除に関するお知らせは、全て掲示で行います。また、三重大学HP内の「在学生の方へ」ページにも掲載します。授業料免除を申請する方は、よく確認してください。各学部の掲示板に掲示するほか学務部、教養教育校舎に掲示します。

3.申請書類の配付及び申請受付期間・提出先について

(1)期間

前期分:一次申請4月上旬,二次申請6月中旬

後期分:一次申請10月上旬,二次申請10月下旬
(2)提出先 学務部 学生支援チーム 
1番窓口(授業料免除担当)
電話 059-231-9678 
FAX 059-231-9058

なお、審査手続・選考を公平に保つため、郵送や代理者による申請・不備書類・申請期間外の提出は受理しないので、特に留意してください。

4.免除決定の連絡及び授業料納付について

「免除決定通知書」は申請者に郵送いたします。

  • 免除が決定されるまでは、授業料を納入しないでください。
  • 授業料は一旦納入されますと、返還できませんので注意してください。

◆ 令和元年度博士課程学生の経済的支援状況に係る調査

【調査票ダウンロード】

【提出方法】

 回答を入力した調査票ファイルをメールアドレス menjyo.chousa@ab.mie-u.ac.jp まで添付ファイルにて送付してください。 送付するファイル名を「〇〇〇D〇〇〇(学籍番号)_R1調査票.xlsx」としてください。

【ご回答期限】

 令和2年2月7日(金)