大規模災害時の対応

地震発生時
  ①まず、身を守る(転倒のおそれのある書庫などから離れ、机の下などに身を隠す)
  ②すばやく火の始末(火を使用していたらすぐに消す)
  ③非常脱出口の確保(ドアを開ける)

地震発生後(1~2分)
  ①火災の有無を確認(火災が発生したらすばやく消火)
  ②同室内のけが人を確認(倒れた書庫等の下敷きになっていないか、けが人を確認し救助を求める)
  ③作動中の実験器具等の停止

地震発生後(3分)
  ①隣接する部屋同士で助け合う(倒れた書庫等の下敷きになっていないか、けが人を確認し救助を求める)
  ②余震に注意(建物の状況により、余震で倒壊する恐れのある場合は避難所に避難)

参考(概ね震度5弱以上とは)
  ①棚にある食器類や本が落ちることがある。
  ②固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。

saigaiji_01.png

(上図をクリックすると拡大表示します。)