グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

教育学部・教育学研究科

教育学部

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

-このような人を求めます-
子どもと教育に関心を持ち、将来、教員になりたいと思っている人〔関心・意欲・態度〕
教育に関する専門的な知識・技能を学修する上で必要となる基礎学力を有している人〔知識・理解〕
ものごとを多様な視点から捉え、論理的に考えようとする人〔思考・判断〕
自分の考えを的確に表現し、伝えようとする人〔技能・表現〕

【入学者選抜方法】
●一般入試前期日程
志望するコース・専攻で学修するために必要となる総合的基礎学力を見るために、大学入試センター試験(5教科7科目、5教科8科目、6教科7科目又は6教科8科目)を課します。また、論理的思考力・判断力、発想力、読解力、表現力及び各コースへの適正等を見るために、個別学力検査(国語、数学又は英語から2教科の筆記試験、実技試験又は調査書を活用)を課します。

●一般入試後期日程
志望するコース・専攻で学修するために必要となる総合的基礎学力を見るために、大学入試センター試験を課します。また、論理的思考力・判断力、発想力、表現力、関心・意欲・態度及び各コースへの適性等を見るために、個別学力検査(筆記試験、実技試験、小論文、面接又は調査書を活用)を課します。

●推薦入試(大学入試センター試験を課さない)【推薦Ⅰ】
技術・ものづくり教育(中等教育選修のみ)、学校教育(教育学専攻、教育心理学専攻)の各コース・専攻で募集します。志望する分野における学修への強い熱意と探究心、積極的で主体的に取り組む態度を見るために、個別学力検査(面接又は調査書を活用)を課します。また、志望する分野における専門的知識と幅広い基礎学力を見るために、個別学力検査(筆記試験、小論文)を課します。

●推薦入試(大学入試センター試験を課す)【推薦Ⅱ】
理科教育、家政教育(いずれも初等教育選修のみ)の各コースで募集します。志望する分野における学修への強い熱意と探究心、積極的で主体的に取り組む態度を見るために、個別学力検査(面接又は調査書を活用)を課します。また、志望する分野で学修するために必要となる総合的基礎学力を見るために、大学入試センター試験を課します。

●推薦入試(大学入試センター試験を課す)【地域推薦】
国語教育、社会科教育、数学教育・情報教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、技術・ものづくり教育、家政教育、英語教育(いずれも初等教育選修のみ)、及び学校教育(教育学専攻、教育心理学専攻)の各コース・専攻で募集します。志望する分野における学修への強い熱意と探究心、積極的で主体的に取り組む態度、及び、三重県南部地域の小学校教育に将来的に貢献する意志の有無を見るために、個別学力検査(面接又は調査書を活用)を課します。また、志望する分野で学修するために必要となる総合的基礎学力を見るために、大学入試センター試験を課します。

●私費外国人留学生特別入試
日本で積極的に学ぶ熱心な外国人留学生を求めます。十分な勉学熱意に加えて、入学後の生活及び勉学で困難なく成果をあげられるような日本語能力、日本文化への理解を見るために、学修に必要とされる基礎学力を重視しつつ、総合的な選抜を実施します。

学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育をめぐる現実的課題について、専門的知識に基づいて適切な対応を考えることができる。
教育に関する課題を意識した実践を企画・運営し、関係者と協力して問題解決に取り組むことができる。
教育に関わる職業人に求められる使命感・責任感を持ち、異文化、多世代の人と連携・協力することができる。
自律的な学習者として、主体的に学び、振り返ることができる。
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
三重大学教育学部学校教員養成課程は、教員養成を目的とし、以下の4つの授業科目群を配置し、理論と実践の往還を重視したカリキュラムを策定する。
教員養成コア科目群(実践的・基礎的科目群)
教科専門に関する科目群
教職専門に関する科目群
教科教育に関する科目群 ※図あり(pdf:2.2MB)

このページの先頭へ

教育学研究科 教育科学専攻

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)
●教育に強い関心を持ち、その専門的研究を進めていくための意欲と素養を有している。
●将来、教育の分野において専門の職業人を目指している。
●現場での経験を有する者については、現場での経験を基に、専門的な研究を進める意欲がある。
学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
●児童・生徒の実態や教育諸問題の理解に必要な教育学および専攻する領域・分野の専門的知識を修得している。
●専攻する領域・分野に関する教育課題について理論的・実践的研究能力を身につけている。
●異文化・多世代の人と協働することや、省察的実践の意義を理解することができる。
●自律性をもった専門的職業人として、継続的に理論的・実践的研究に取り組むことができる。
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
三重大学大学院教育学研究科教育科学専攻は、教育に関する高度専門職業人を育成することを目的とし、以下の3つの授業科目群を並列・積み上げ型に配置し、専攻領域における深い研鑽と教育に関する幅広い学修との往還を重視したカリキュラムを策定する。

・専攻共通科目群
・教育領域共通科目群
・教育領域専門科目群

このページの先頭へ

教育学研究科 教職実践高度化専攻(教職大学院)

入学者受入れの方針
(アドミッション・ポリシー)
●現職教員:学級・学校経営、学習指導方法の開発・改善、生徒指導・教育相談、教育課程、教師教育等における様々な今日的課題を解決するために、確かな指導理論の構築を目指し、より高度な実践力と応用力を身につけたい教員。特に、学校現場での経験に基づき、教職大学院での明確な研修テーマや課題を持ち、それらを協働で解決し、学校や地域において指導的役割(スクールリーダー)として将来活躍できる教員。
●学部新卒者等:大学院修了後、学校教員を目指し、学級・学校経営、学習指導方法の開発・改善、生徒指導・教育相談、教育課程、教師教育等における様々な今日的課題に強い関心があり、学校現場での実習や現職教員学生との協働により、教職に関する実践的な専門性や高度な実践力を身につけたい人。
●特に、次の3点を入学者に求めています。
【探究】 学校・地域の教育課題をより広い視野で探究できる人
【協働】 より柔軟な発想で協働的に学び続けることができる人
【創造】 地域の教育の未来を創造することに強い思いを有している人
学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
●児童・生徒の実態や教育諸問題の理解に必要な専門的知識を修得している。
●専攻する領域・分野に関する教育課題について理論的・実践的な研究能力を身につけている。
●異文化・多世代の人と協働することや、省察的実践の意義を理解することができる。
●高度専門職業人として、継続的に理論的・実践的研究に取り組むことができる。
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
本教職大学院は、教育に関する高度専門職業人を育成することを目的とし、以下の3つの授業科目群を配置し、理論と実践の往還を重視したカリキュラムを策定する。

・共通科目群
・選択科目群
・中核(コア)科目群

このページの先頭へ

専攻する領域・分野に関する教育課題について理論的・実践的研究能力を身につけている。