大学案内

学長挨拶

三重大学は美しい自然環境の中にあります。伊勢湾の海の翠、鈴鹿山脈や布引山地の樹々の翠、そして白い雲が浮かぶ翠の空、3つの翠(三翠)に囲まれた環境に優しい大学です。この自然に恵まれたキャンパスで、社会のリーダーとなるグローバル人材の育成、独創的で自由な発想に基づく研究が活発に行われています。そして、逞しい人材を社会に輩出し、優れた研究成果を発信する地域における「知」の拠点としての役目を担っています。

三重大学は、人文学部、教育学部、医学部、工学部、生物資源学部に地域イノベーション研究科を加えた5つの学部、6つの研究科をはじめ、教養教育機構、地域人材教育開発機構、地域イノベーション推進機構、地域拠点サテライト、国際交流センター、総合情報処理センター、学生総合支援センター、国際環境教育研究センター、アドミッションセンターなど、多くの学内共同教育研究施設を擁する総合大学です。また、附属病院、附属学校園、農場、演習林、水産実験所、演習船勢水丸などの附属施設も充実しています。  

昭和24年の建学以来の伝統と実績に基づいて、「三重の力を世界へ:地域に根ざし、世界に誇れる独自性豊かな教育・研究成果を生み出す ~人と自然の調和・共生の中で~」を基本的な目標として掲げ、地域社会や住民の皆様との緊密な連携をとりつつ、「人類福祉の増進」「自然の中での人類の共生」「地域・国際社会の発展」に貢献できる「人材の育成と研究の創成」に取り組んでいます。

地域社会では少子高齢化が凄まじい速度で進みつつあり、競争の原理が過度なまでに社会を支配しつつあります。時として、将来に不安を感じ、心が萎えてしまうこともあるのではと思います。このような困難な時代にこそ、オール三重大学で、地域の皆さんを元気にし、社会を活性化するため、精一杯の努力をして行きたいと思います。

地域の皆様に信頼され頼りにされる大学を目指して行きます。今後とも、ご協力、ご支援をいただきますようお願いいたします。

三重大学長 駒田美弘