学生の災害ボランティア活動について

学生の災害ボランティア活動について

東日本大震災の発生から約1ヶ月を経て、被災地におけるボランティア活動について、受入体制が整いつつあり、被災地での復興を支援したいと考えている人もいると思いますが、現地では依然として余震が続くなど、必ずしも安全でないことや、ボランティア活動は自己の意志と責任において、可能な範囲で行うべきものであることを考慮し、慎重な対応をお願いします。

被災地におけるボランティア活動への参加については、下記のガイドラインに基づき、参加することができます。参加に当たっては、事前に、次の「災害ボランティア活動参加届出書」により、必ず大学へ届け出るようにしてください。

災害ボランティア活動参加届出書

 

災害ボランティア活動参加に伴う注意事項

1.災害ボランティア活動は、ボランティア本人の自発的な意思と自己責任により活動に参加行動することが基本です。

2.災害ボランティアに参加するに当たっては、政府や三重県及び関係団体等が提供する情報を取得し、現地の状況や注意事項等を十分に理解してください。
【参 考】 
内閣府のURL  http://www.bousai.go.jp/vol/
文科省子どもの学び支援ポータルサイト  http://manabishien.mext.go.jp/
みえ災害ボランティア支援センター    http://www.v-bosaimie.jp/mvic/index.html
全社協被災地支援・災害ボランティア情報  http://www.saigaivc.com/

3.ボランティア活動に伴う授業の欠席については修学上の配慮を行いますが、補講等の措置が困難で欠席が認められない場合もありますので、本届出書の提出に当たっては、担任教員(指導教員、就学カウンセラー)と十分に相談してください。

 4.修学上の配慮の対象となるボランティア活動は、①国、県等の公的機関から三重大学に対して参加募集のあったもの、②「みえ災害ボランティア支援センター」に登録し、同センターから参加募集のあったもの、および③学部長・研究科長が特別に認めたものとします。

5. 修学上の配慮の対象とするボランティア期間は、原則として準備期間を含め各期毎に10日間を限度とします。

6.長期間(概ね1ヶ月以上)の活動を希望する場合には、担任教員等と十分相談の上、休学等所定の手続きを取ってください。

7.災害ボランティアに参加するに当たっては、学研災付帯賠償責任保険〔注1〕または、ボランティア保険への加入が条件となります。また、保護者の承諾も必ず得てください。

8.本届出書の決裁が得られた場合には、授業科目担当教員に欠席届と本届出書のコピーを添えて提出してください。

9.本届出書は、原則として活動予定期間の10日前までに、各学部学務担当に提出してください。

〔注1〕      学研災付帯賠償責任保険に加入しているかどうかは、学生サービスチーム2番窓口で確認してください。