グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

社会連携・地域貢献

社会連携

 三重大学では、自由で独創的な知の創造という大学の教育・研究の特性に根ざした、産・学・官・民の連携交流の拠点を整備することにより、社会的に貢献し得る新たな知を科学と技術の両面にわたって創造することが、大学の活性化と社会への寄与に極めて重要な意義を持つものと考え、社会連携活動を活発に取り組んでいます。

地域自治体との相互協力協定

 三重大学では、三重県の地域創生戦略の一つとして、県内全ての自治体(29市町)との協定締結とプロジェクトの実施を目指して取り組んでおり、協定締結については、平成28年度に県内全市町との協定締結を実現しました。今後は、三重県はもとより既に協定を締結している県内各市町とも、それぞれの協定に基づいて、地域創生の実践に関する諸課題への的確な対応や、三重大学における教育研究、各市町における地域振興に資するプロジェクトについては、オール三重大学のもと、より厚い連携・協力によって責任を持って実施していきます。

地域貢献型研究

 三重県、伊勢湾、紀伊半島等の地域の諸問題をテーマにした様々な学際的研究を推進するとともに、地域に向けた各種シンポジウム、フォーラム等を開催しています。また、地域貢献活動の創造及び推進を目的に、本学の教職員を代表者とする教育・研究に基づく自主的な活動を「三重大学地域貢献活動支援事業」として助成支援し、全学で地域貢献活動に取り組んでいます。