留学生交流Mie

Cultural Exchange with Foreign Students in Mie vol.19

ごあいさつ

top > greet

皇學館大学学長 伴 五十嗣郎

伴  五十嗣郎 三重県内の外国人登録者数は、ブラジル・中国からの来日者を中心に約5万人。ここ5年間で約5千人の登録があり、10年間で約1.6倍に増加しました。全国的に見ても三重県の外国人比率は第3位と極めて高い位置にあり、県民がそうした外国人と接する機会も、とみに増加しています。
外国人留学生に関して、国が発表した「留学生30万人計画」では、日本を益々世界に開かれた国とし、アジアや世界との間のヒト、モノ、カネ、情報の流れを拡大する「グローバル戦略」を展開する一環として、2020年を目途に留学生受入れ30万人を目指しています。その際、高度な知識を有する人材の受入れとも連携させながら,国・地域・分野などに留意しつつ,優秀な留学生を戦略的に獲得し、アジアをはじめとした諸外国に対する知的国際貢献等を果たすことにも努めていくとあります。こうした目標を達成するためにも、日本への留学を志望する要因となるような魅力ある大学づくりに心がけ、入試方式の改善やダブルディグリーの導入、授業料の減免や宿舎の提供によるサポート等、留学生にとって効果的な対策が必要とされています。
このような国の方針や三重県内におけるグローバル化の進行する中で、皇學館大学では、どのようなことが可能なのか。長い歴史を通して、神道を根幹とする建学の精神を一貫して継承し、学問研究の上でその実践に努めるとともに、教育の面でもこれを踏まえて、独自の人間教育に力を注いできた本学では、留学生たちに、正しい日本の歴史・文化について理解してもらい、日本と母国との掛け橋となってもらいたいと考えております。
県内の教育機関の中では留学生受入れ数が少ない本学ではありますが、留学生が語学力に優れ、勉学に熱心なことに日々驚きを感じております。また、日本の学生達にも留学生と積極的に関わり、異文化を体験することによって互いに良い刺激を与え合い、世界に雄飛する上で必要な見識を備えるよう期待しております。
三重地域留学生交流推進会議は、これからの日本と海外の国々との橋渡し役として、文化・経済・産業等を将来にわたり担っていくことになる留学生支援の実をあげるため、県内の高等教育機関が協力し正しい国際交流を推進していくために重要な組織であり、その担うべき役割も年を経る毎に重みを増しています。 皆様のご協力のもと、今後とも、一層充実した留学生への対応が実現できるよう、ご支援とご協力をいただきたく宜しくお願い申し上げます。

ごあいさつ

私の国・あなたの国

留学生Eyes

留学報告

交流ニュース

関係資料

推進会議DATA

〒514-8507
三重県津市栗真町屋町1577
三重大学学術情報部国際交流
チーム内
TEL:059-231-9707(直通)
FAX:059-231-5692

 
   
Copyright 2011 三重地域留学生交流推進会議事務局