グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

留学生住宅総合補償

  1. 対象とする留学生の範囲

    本学に在籍する留学生(学部学生、大学院学生、研究生、特別研究学生、特別聴講学生、)で、賃貸住宅への入居を必要とする者。

  2. 申請手続き

    留学生は、指導教員の了承を得た上で、所定の申請書を国際交流チームに提出する。

  3. 保証人

    国際交流センター長とする。

  4. 契約書への押印

    保証人は、第2項の申請に基づき、賃貸借契約書に「三重大学国際交流センター長印」を押印する。

  5. 留学生の義務
    1. 財団法人日本国際教育支援協会の「留学生住宅総合補償」へ加入する。なお、継続して同住宅に居住する場合は、補償期間満了前に継続して加入する。
    2. 卒業、修了、退学、転学等により本学の学籍を失う場合及び退去等により賃貸借契約を解約する場合は大学へ報告する。
  6. 契約書の写保管

    賃貸借契約締結後、国際交流チームは、申請書とともにその写しを保管する。

  7. 事務

    国際交流チームにおいて行う。

  8. 制度の詳細な情報

    日本国際教育支援協会