グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

JICA中部なごや地球ひろば体験プログラムを実施しました

2014年02月28日

2014年2月18日(火)、教職員4名、学生12名の参加のもと、JICA中部「なごや地球ひろば」体験プログラムを実施しました。「なごや地球ひろば」は、JICA(独立行政法人国際協力機構)が2009年に設立した、国際協力や途上国の問題をさまざまなアングルから楽しんで体感できる施設です。 体験ゾーンでの学習、シリアや中国で活動していた青年海外協力隊OB/OGによる体験談等を通じて、開発途上国が抱える貧困、紛争、環境等の問題について理解を深めることができました。 参加者からは、「現地の人々が自立できるような支援が大切だと実感した」「シリアで現在起きている内戦に対して向き合えた」「シリア元隊員の"そこに人が生きている"という言葉が心に響いた。自分も何かしたいと思った」等の感想が寄せられました。

世界の人口問題と就学率についてパネルで説明

自転車による浄水体験を通して途上国の水問題を学ぶ

薬の文字が読めない体験を通じて識字の大切さを理解する

シリア在住パレスチナ難民からのビデオレター