留学生の受入手続き

特別聴講学生・特別研究学生の指導教員の先生方へ

特別聴講学生・特別研究学生の受入れにあたっては、下記のことについて指導教員の先生にも予めご留意のほど、お願いいたします。

[受入れ決定時]

「聴講内容証明書」または「研究内容証明書」の作成。

[留学生入学以前]

学生がJASSO奨学生に選出された場合、推薦書を作成。

[留学生入学以降]

学生との面談。(留学生支援室から学生の渡日日時を聞き、調整させていただきます。)

当該留学生の教育・研究の指導。

チューター制度を実施する場合、計画書・報告書等を作成。

  • チューター制度については、留学生支援室より詳しいご案内をいたします。
  • チューター制度を利用して、渡日直後の諸手続(市役所・銀行口座開設など)についてサポートしていただくことも可能です。

JASSO奨学金の追加割当があり、学生がJASSO奨学生に選出された場合、推薦書を作成。

学生が留学期間の変更を行う場合、期間変更届に教員のサインが必要。

学生が一時帰国等で日本を離れる時、海外渡航届に教員のサインが必要。

[留学期間終了1か月前~]

留学報告書または研究報告書の提出指導。

  • 様式は留学生支援室が準備いたします。
  • 留学生支援室も学生に提出を促します。