教養教育において「男女共同参画基礎」授業を開講しました。

2017年04月14日

4月14日(金),教養教育120番教室において現代社会理解特殊講義「男女共同参画基礎」を開講しました。

三重大学男女共同参画推進専門委員会委員の朴 恵淑教授(人文学部)から授業の進め方及び成績の評価方法等について説明の後,「日本及び三重大学の男女共同参画の現状と課題」をテーマに講義が行われました。

授業の最後には,本学男女共同参画推進学生委員会委員長の石田尚子さんから,「子どもへの経済教育が女性の職業観を向上させる」と題したプレゼンテーションや学生委員会の紹介がありました。

この授業は,男女共同参画推進専門委員会委員に加えて,地方公共団体及び企業等から非常勤講師をお迎えして,オムニバス形式で開講されます。

今年度最初の授業には,116名の学生が出席し,熱心に聴講しました。