附属教職支援センター

公式サイト
http://cerp.edu.mie-u.ac.jp/

教育学部附属教育実践総合センターは、「教育実践に関する総合的研究を行うとともに、その成果に基づいて教育の発展充実に寄与すること」を目的として、平成11年度、従来の「教育実践研究指導センター」を改組して設置されました。教育実践総合センターには、「教育工学部門」、「教育実践研究部門」、「教育臨床研究部門」の3つの部門があり、教育の情報化、教師教育、不登校・いじめなどの今日的な課題に対応するための研究や教育実践に取り組んでいます。部門の活動に加えて、研究会・研修講座等の定期的開催、研究プロジェクトの実施、教員内地留学生の受入と指導、教育実践総合センター紀要の発行などを行っています。それらの活動に、学校教員が参加していることも一つの特徴です。